日本進出について

2021-10-07 17:01:31 admin 75

中華料理は多彩な技法や味のバラエティーを持ち、世界三大料理の1つにも挙げられています。

日本と中国は古くから文化交流が盛んで中華料理は多くの方に愛されています。

特に四川料理は中国「四大菜系」の1つとして、日本でも好みに合わせて現地化され広く浸透しています。


海底撈はすでに日本で10店舗を展開しており、味やサービスは日本国内の消費者に認められています。

また近年辛い料理がブームになり、アレンジされていない本格四川料理への需要も高まっています。

当社は消費者のニーズに合わせて既存の火鍋のソース・イスタント食品・中華調味料など製品はもちろん、新商品の企画・製造にも注力しています。


日本製の食品は味と品質共に世界中の人々に認められ、特に醤油・味噌・お菓子等の製品はすでに各国一般家庭の食卓でも見られます。

一方、少子高齢化や人口減少継続等により日本のマーケットは変化しています。

そのため、日本国内における取組みに加え、海外事業展開を通じた収益基盤の拡充も必要かと思われています。

当社は、日本現地の優良なブランドとの技術・ノーハウ提携、業務提携を図り、当社のマーケティングカ、販売ルート等の強みを活かして日本製の製品を中国や全世界中に広げていきたいと思います。


微信